代表あいさつ

英語教育に携わり、早33年になりました。自分自身の海外生活や海外での子育てを通じて、英語のできる子どもの育成の必要性をますます強く感じています。
子ども達が、より楽しくより効果的に英語を学ぶ方法を研究し、提供し続けたいと思っています。Prime Academic Preschoolで身に着けた英語が、皆さんの夢を実現するための大きな力となるよう邁進します。

 

基本理念
  • 英語教育にまっすぐ、真剣に取り組み、生徒の英語力向上のための努力を惜しみません。
  • 講師・スタッフはレベルの高い専門的な知識を身につけ、プロとしての誇りを持って指導に当たります。
  • より良いカリキュラムの作成、オリジナル教材の開発、最新のトレーニング方法を常に研究、実践し、成果を上げ続けています。
  • 4つ言語スキル(「聞く力」、「話す力」、「読む力」、「書く力」)に英語で「考える力」、「表現する力」をプラス。6つの力を育てます。
  • 言語だけでなく、異文化の理解も国際人育成の重要要素と考え、英語圏の文化の紹介を積極的に行います。
  • 高いレベルの英語力を習得していただくため、生徒だけでなく、保護者に対しても様々なサポートを行います。
  • イベントや様々な体験学習を通じて、習った英語を使う場を提供し、さらなる英語の定着を図ります。

校長プロフィール

赤嶋かなえ

20代は塾講師、予備校の英語講師として受験の第一線で活躍。出産後は幼児の英語指導もスタート。2000年から3年間カナダのハリファックスに家族で在住。
現地の幼稚園(Halifax Early Childhood School)、小学校(Inglis Street Elementary School)にて教務経験を積む。
2004年に帰国後は、東京、世田谷にEnglish Pocketを設立。オープン3週間で108名の方にご入会いただき、たちまち人気校となる。
その後、高円寺校、恵比寿校(Prime International School)、五反田校、立川校をオープン。
教務経験33年、英語を教えるための資格(TESOL、TEFL等)、小学校で英語を教える資格(J-Shine)等を保有。より効果的なレッスンを目指し、最新の英語学習法を研究し、オリジナルの教材の作成にも積極的に取り組む。
Prime Academic Preschoolでは学習アドバイザーとして保護者会、教材の説明会等で忙しい毎日を送る。プロとしての視点だけでなく、娘3人をバイリンガルに育てた母としての視点から保護者の方々にアドバイスを提供している。
保育士
全国外国語教育振興協会 理事

保護者の声

海老田孝子さんインタビュー

海老田孝子さんの長男・凌君は、2歳からPIPに通い、一昨年都内のインターナショナルスクールに特待生として入学しました。2年生になる現在も、Jupiterプログラムを継続しています。凌君に続いて長女の詩乃ちゃんも、2歳からPIPに通い、年中となった2020年4月からPAPの8時間保育に通っています。

 

  1. PIPの5hからPAPの8時間保育に変わって、お子様にどんな影響がありましたか?
  • 家庭で英語をたくさん話すようになり、会話の中で自然に英単語が出るようになりました。普段日本語で言えることが、英語を交えて話すことが多くなりました。これは本人が日本語より英語を話すことが自然になってきているからだと思います。息子の時は、家庭内で英語を話すことを意識的に増やそうとしていましたが、娘の場合は、自然に本人から英語が出ていることが大きな違いです。
  • 息子の時は5hのスクールの後に家庭でサポートをしていましたが、娘の場合は、8hスクールで過ごすことで、家庭でのサポートはほとんどなくても自力で読もうとする力がついています。習い事の関係で週数回早帰りすることもありますが、そうしていても英語力は以前に比べると上達しています。英語は習い事ではなく、生活の一部としてすでに子ども達に身についていることが安心材料であり、バイオリンやサイエンスなど親が望む習い事を増やせることも英語プリスクールの利点でもあると思います。
  • アクティビティなど、スクールで学んだことをよく教えてくれます。ヨガなどもやって見せてくれますが、家庭ではなかなか出会わせてあげられない活動なので、幼少期にとてもいいプログラムだと思います。娘は元々PIPが大好きでしたが、8時間になり、娘にとって毎日がさらに充実した日々になっているように感じます。

 

  1. 8時間保育の目標は会話力を伸ばすことですが、その効果はどう感じますか?
  • 娘の会話の中に毎日英語が自然によく出てきます(長男の時より断然多い)。 5hのレッスン時間では、会話が一番足りないと思っていたので、8時間に変わったこの数ヶ月間で会話力が上達していることを実感しています。8時間保育で4 skillsがバランスよく身に付けることができると思います。

 

  1. 8時間保育の中で、午前と午後で講師をローテーションしています。個性あるNative 講師が子ども達に接することで、お互いが良い影響を与え合うことができると思うからです。子ども達にはいろいろな講師から刺激を受けてほしいと思っていますが、複数のNative 講師が指導にあたることについてどう思われますか?
  • まったく賛成します。自分も子供に音楽を教える仕事をしていますが、自分ひとりだけの色を子ども達に染めるのはもったいないと思います。信頼する赤嶋校長が選ぶ講師だから安心して子どもを任せています。PAPの講師は皆リーダーシップがあり、責任感があります。子ども達に英語力をつける方法を常に見つけ出し子ども達に刺激を与えてくれます。カリキュラムも素晴らしいですが、個性的なレッスン内容にもいつも感動しています。
  • 幼児期にどんな大人と毎日触れ合うかは、子どもにとって非常に重要だと思います。複数担任制も最初は驚きましたが、スクールで起きていることは隠すことなく保護者に伝わり信頼ができます。責任ある大人・講師がリーダーシップをもって指導にあたることは、子どもに影響を与えると思います。ただの英語の講師では子どもに刺激を与えることはできません。PAPの講師はそういった点においても素晴らしいと思います。

 

  1. 8時間保育は4時間保育と大きく異なり、講師陣に子ども達と接する人間性が問われます。しつけの部分も多くなりましたが、そういった中で以前と変わったと感じた点はありますが?
  • 自立心がつきました。スクールでの日常的なルーティン(習慣)が身についていて、家庭でも自分で考え行動することができるようになりました。また素晴らしいことは、人の話をよく聞く姿勢ができるようになったことです。スクールで先生の話を落ち着いてしっかりと聞く習慣ができているようで、家や習い事でも大人の話を聞くなど学びの姿勢ができています。また集中力もついています。学ぶ姿勢、人の話を聞く姿勢、集中する力が養われていると思います。

 

  1. 今後スクールに望むことはありますか?
  • 自分はスクールに何かを望むことは考えたことはありません。自分が気に入ったカリキュラムや方向性があるからスクールを決めたので、あとは信頼するスクール、プロフェッショナルな方々にお任せするだけだと思っています。PAP は親の信頼に答えてくれるスクールだと真摯に思います。スクールがやってみようと考えること、スクールがやろうとされる方針には、可能な限り寄り添いそれに子供が乗れるようサポートしていきたいと考えています。
  • 長男と長女がプライムに6年お世話になり続けている保護者として、確実に会話・読み書き力・プレゼン力をつけてくれるイングリッシュポケットのカリキュラムは、本当に日本一と言っても過言でないほどに、素晴らしいものだと感じています。また、それは決して詰め込みでは無く、じっくり時間をかけて育ててくれるので、親としても気が付いたら子どもに物凄く力が付いていることを発見します。それは、無理してなされていることでは無いという点が、重要なポイントだと思います。